すがも平和霊園 サイトマップ
TOP
目次

お知らせ

令和6年の功徳院オリジナル宝来できました

2023年12月29日掲載
令和6年の功徳院オリジナル宝来、
今年もできました!
 
12月28日の護摩法要にて開眼供養済み、
本日より配布授与を開始しております
 
宝来とは、
お米がとれず、しめ縄が作れなかった高野山に
古来より伝わる、新年の厄除け招福のお飾りです
 
災害、事故、仕事、対人関係、家族関係などなど、、、
私たちはみな、日々の悩み苦しみ悲しみにさいなまれ、
諸行無常の世を生き抜いてます
 
令和6年甲辰年の護りご本尊・普賢菩薩は、
精進努力に報いる幸せを与えてくださる仏さま
世の変化にさらされ「なにをやってもどうせムダ」と
あきらめモードになりたくもなる昨今、
普賢菩薩さまのご利益が、日々のがんばりの
支えになってくださることでしょう
 
今年の図柄も昨年以上に丹精を込めて制作しました
修行の象徴、6本キバのゾウに乗る普賢菩薩に加え、
今年の干支・龍や、新年の縁起物の隠し絵が
随所にちりばめられています、
皆さんはどれだけ探すことができますでしょうか
 
来る新年の開運招福に、普賢菩薩の
ご利益をおすすめ致します
 
①「2024 普賢菩薩 ヒノキ製立体仏像宝来」
・7体限定(先着順)
・ヒノキ木製A3サイズ、厚さ1cm
・木造立体宝来は本邦初(当院調べ)
 大切にお祀り保管され、12年後の辰年にも
 お飾りいただけます
・1体 20,000円
 
②「2024普賢菩薩 特別宝来」
・47枚限定(先着順)
・紙製A3サイズ 
・台紙付き
・1枚 2,000円
 
③既製品宝来
 (干支、宝珠、宝船、寿の4種)
・紙製B4サイズ
・台紙なし
・1枚 500円
 
■ご予約は功徳院まで直接お願い致します
 電話03-3949-4600(受付時間9:00-16:30)
 
■郵送ご希望の場合は電話予約のうえ現金書留にて、
 本体代金+発送手数料2,000円をお送りください
 〒170-0002東京都豊島区巣鴨5-35-37 功徳院宝来係
 
↑「2024 普賢菩薩 ヒノキ製立体仏像宝来」
 
↑「2024普賢菩薩 特別宝来」
 
↑既製品宝来
 
 

令和六年 特別限定授与品

2023年12月2日掲載

ご予約はすがも平和霊苑 功徳院東京別院の寺務所にて、

またはお電話03-3949-4600にて承ります。

数に限りがございますので、お早めにどうぞ。

 

寺報 花だより vol.28 令和6年 節分星祭り号 より

掲載

登龍門(困難)から先に広がる、それぞれの未来(しあわせ)

 令和六年辰年、輝かしい未来の幕開けです。辰年には仏教の守護神・龍が舞い降り、力強く、時に変化に柔軟に、私たちの未来を見守ってくださいます。

 人生は四苦八苦、うまくいかないこと、辛いこと、悲しいことも多いかもしれません。そんなときは「登竜門」を心の糧としてみてはいかがでしょう。「登竜門」とは、急流を登り切った鯉が「龍」に成ったことから、成功や大願成就のために、困難を乗り越える大事を説いた故事です。言葉のイメージから、受験や試合、コンテストなど、一世一代の特別なことのように感じられるかもしれません。ですが、「苦楽」「良薬は口に苦し」「生みの苦しみ」などと言われますように、苦楽はいつも背中合わせ、楽しいことは苦しいことから生まれるように、私たちの日常は、すべてが幸せへの登竜門。日々の困難も、有り難い人生の糧として向き合うことができてこそ、その先に大きな幸せが訪れることでしょう。

 功徳院では別紙ご案内の通り、節分星まつりを執り行います。多くの皆さまが楽しみにしてくださっている豆まきは、狭い境内での混乱が予想され、本年も中止と致しますが、法要の肝心である、本堂の厄除け護摩祈願へのご参列は再開致します。

 四苦八苦という登竜門の先に、それぞれの幸せが広がる一年となりますよう、寺内一同心よりご祈念申し上げております。                                                                                                                                                    合掌
                               功徳院住職 松島龍戒

 

 

 

▲ページの上に戻る

フッター